足底筋膜炎の予防にインソール「フィートインデザイン」

1.足底筋膜とは?

足の裏を触ってみましょう。そして、足指を少し反ってみましょう。
すると足の真ん中に縦に伸びる繊維組織を触ることができると思います。
踵下部から、足指の骨(基節骨)の根本までつながっている繊維組織の事を、足底筋膜と呼びます。
足のアーチを維持して衝撃を吸収、バランスを支え、歩行や走行時に重要な役割を果たしています。

2.足底筋膜炎とは?

足底筋膜に長時間の立ち仕事やランニングなどで、「強い負担を継続的に与える」と、
筋膜が損傷し炎症が起きたり、硬くなって柔軟性を失ったりして、
かかとや足の裏に痛みが生じます。

3.足底筋膜炎の原因

「足底筋膜炎の原因である『足底筋膜に強い負担を継続的に与える』というのは、
どのような状態か?。」

そのような疑問があるかと思います。
例えば、以下のような状態が考えられます。

・マラソンなどの競技者で長時間走っており、足に負担をかけている
・長時間立ち仕事など足の負担のかかる仕事している
・肥満で足に負担がかかっている
・ハイヒールやクッション性のない靴を履いている

このような状態は、誰にでも起こりえる状態です。
健康目的でランニングが好きな方も、ランニングが足に負担をかけ、足底筋膜炎になってしまうことはありえます。
ビジネスマンなら、長時間立ち仕事は珍しくありません。
加齢で足底筋膜が弱くなれば、さらに足にトラブルを抱えるリスクは高くなります。
今は問題なくても、今後足底筋膜炎にならないとは限りません。

その他の原因としては、足の構造的なことが考えられます。
扁平足の方は、アーチがつぶれて衝撃吸収機能が弱くなり足への負担が大きくなりやすく、
ハイアーチの方は、アーチの柔軟性が乏しく足底筋膜が炎症しやすい傾向があります。

4.足底筋膜炎の症状

典型的な症状として安定した状態から歩いたり走ったりなどの動作時に痛みが起きます。
例えば、朝起きて歩こうとしたときに、かかとや土踏まず部分に
すような激痛が起きるのが特徴的です。
また、足の裏につっぱるような痛みがあります。

5.足底筋膜炎の予防とケアをしましょう

1・足底筋膜炎の治療は難しい

かかとや足の裏を使わずに歩くのはかなり難しく、それが治療を難しくさせています。
一度足底筋膜炎になってしまうと、症状が軽減するまで安静が必要になることもあります。
アスリートの方でしたら、しばらく運動や鍛えることを控える状態です。
継続して鍛えることを日課にしているアスリートにとって長期休暇は、
体力や技術が落ちてしまうといったあせりを感じるかもしれません。
それはとてもつらいことだと思います。
そのためにも日頃からの予防とケアが重要になります。

次の方法は、足底筋膜炎の予防だけでなく、普段の歩行や走行のケアとしても効果的です。
積極的に習慣化しましょう。

2・足底筋膜炎の予防:ストレッチ

アキレス腱のストレッチは次のように行います。
両手を壁につき、アキレス腱を伸ばす方の踵が床から離れないようにします。
そのまま20秒を目安に伸ばします(反動はつけません)。

3・足底筋膜炎の予防:インソール

インソールの着用は骨格の崩れを補正し、ニュートラルポジションに近づけます。
足裏の負担軽減につながります。足に合わないインソールは、症状の悪化につながります。
とくにインソールは適度に固さがあり、土踏まずが立体的に作られているものがよいです。

6.足底筋膜炎におすすめのインソールならフィートインデザイン

1・足の悩みは早期対策を!

・ご自身やご家族の足の悩みを解決されたい
・スポーツのパフォーマンスを向上させたい
・オーダーメイドインソール「フィートインデザイン」について質問したい
・オーダーメイドインソール「フィートインデザイン」を購入したい
そのような方は、株式会社足幸(そっこう)までご相談ください。

「問い合わせしたら、しつこい営業があるかもしれない」
そんな不安があるかもしれませんが、ご安心ください。
お客様が望むサービス以外のしつこい営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください。

2・便利な出張サービスをご利用ください

ご自分の足に合ったインソールを探したり選んだりすることがお悩みの方は、
出張サービスがおすすめです。出張サービスでは、3DOシステムという歩行解析システムにより、
お客様の足のデータを測定し、立ち方・歩き方について分析いたします。
分析後、お客様の足の状態に合った適切なインソールをオーダーメイドで作成させていただきます。

3・インソールをお探しの東京、神奈川、千葉、埼玉にお住まいの方へ

東京・神奈川・千葉・埼玉への出張サービスは、無料でお伺いいたします。
その他の地域の方は別途ご相談ください。

どうぞお気軽に下のボタンからお問い合わせください。