タコ・魚の目の予防・改善におすすめの
オーダーメイドインソール「フィートインデザイン」

1.タコと魚の目の違い

タコと魚の目は、見た目が異なるだけでなく、発生する原因が違います。

タコができるのは、足裏の圧が特定の箇所に集中し、均一でないことにあります。荷重が特定の各所に集中すると、足裏の皮膚は足を守ろうとして皮膚が厚くなり角質化します。魚の目の発生も同様ですが、魚の目の場合は圧だけでなく捻じれの力が働くことによって生じます。また、魚の目は芯があり、痛みが生じます。

2.タコ・魚の目の予防・対策

タコや魚の目の発生を防ぐには、足裏の余分な圧を取り除くことが重要です。
足裏の荷重の不均一は回内、回外の動きによって生じます。自分の足に合うインソールを着用することで、
足の骨格を補正し、足裏の圧を均一にすることが重要になります。

3.タコと魚の目におすすめの
  オーダーメイドインソール「フィートインデザイン」

フィートインデザインは個々の足に合わせて作成するオーダーメイドインソールです。
3DOシステムという米国の特許を取得した歩行解析システムにより足のデータを取得し、
足の歪みに合わせて作成します。
フィートインデザインを着用すると足の軸が適切な位置になるよう補正されますので、
足裏の圧を均一にすることができます。

4.フィートインデザインの購入方法

足のお悩みを解決されたい方やスポーツのパフォーマンスを向上させたい方など、
オーダーメイドインソール「フィートインデザイン」についてご質問がある方は、
株式会社足幸(そっこう)までご相談ください。

もちろん、お客様がご心配されるようなしつこい営業はいたしませんのでご安心ください。

ご自分の足に合ったインソールを探したり選んだりすることがお手間に感じている方は、
出張サービスがおすすめです。
出張サービスでは、3DOシステムという歩行解析システムにより、お客様の足のデータを測定し、
立ち方・歩き方について分析いたします。
分析後、お客様の足の状態に合った適切なインソールをオーダーメイドで作成させていただきます。

東京、神奈川、千葉、埼玉にお住まいの場合は、無料で介護施設、店舗、会社、ご自宅、
どこでもお伺いたします。
その他の地域の方は別途ご相談ください。
また、3DOシステムによる足のデータ分析と立ち方・歩き方のアドバイスも無料です。

どうぞお気軽に下のボタンからお問い合わせください。